バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

3話 ほら、言わんこっちゃない。やっばり殺人事件だ。

 僕はテーブルの上で湯気を立てる三つのカレーを眺めながら笑っていた。
 カレーなんて誰でも作れるけど、今日のは我ながらなかなかの出来映えだ。
 にんじんも玉ねぎも、じゃがいもだって上手く切れた。
 満足できるだけのとろみだって出ている。
 腰に当てた両手を下ろした時、ユリとマリが降りてこないことに気づいた。
 よし、呼びに行こうかな。
「ユリー、マリー」
 呼びかけながら階段を登る。
 ふたりの部屋の前で足を止めた、その時だった。
「私は白鳥ユリ」
「あたしは白鳥マリ」
 閉ざされたドアの向こうから、ふたりの芝居がかった声が響いてきた。
 まさかと思いながらドアノブを握る。
 音を立てぬよう少し扉を開けて、隙間に顔を押し当てながら覗く。
 ふたりは鏡の前に並んで仁王立ちしていた。
 手前には凛々しい横顔のマリ。
 その奥に立つユリの姿はマリと重なっていて見えない。
「ふたり揃って双子探偵ユリ・マリ!」 
 背中合わせになり、素早く前を向いて鏡と正対。
 ユリは左腕を、マリは右腕を挙げる。
「私達に解けない謎は無い!」
二本の腕が平行になり、びしっと鏡を指差した。
「決まったね」
「うん。息ぴったりね」
 マリの後頭部しか見えないけど、ふたりともさぞかしご満悦な表情を浮かべているに違いない。  
 決めポーズと決め台詞って、これのことだったんだ……。
 唖然と口を開けながら、隙間の向こうで繰り広げられる光景を覗き見る。
 見なかったことにして立ち去ろうと、ドアノブを握る右手に力を込めた時だった。
「ユウちゃん、いたんだ……」
 ユリに見つかってしまった。
 マリの肩越しに気まずそうな視線を送る。
「ちょっと! ノックくらいしなさいよ!」
 マリは髪を揺らして半回転。
 両手を腰に当てながら睨みつける。
「ご、ごめん……」
その迫力に気圧されて、反射的に頭を下げる。
 気まずい空気の中、沈黙が流れた。
 マリが相変わらずのぶっきらぼうな声で尋ねる。
「どうしたのよ? 何か用なの?」
「いや、その。お昼御飯、できたよ……」

「うん、おいしい。やっぱりユウちゃんはお料理上手だね。いいお嫁さんになれるよ」
「ユウキ、女の子みたいな顔してるからね。花嫁衣装、似合うと思うわよ」
「あのね。僕、男なんだけど……」
 3人で食卓を囲んでカレーを食べながら、他愛もない話で笑い合う。
 ユリとマリとは思いの外、すんなりと打ち解ける事ができた。
 顔は似ているけど、それ以外は見事なまでに正反対なふたりだ。
 助手になってから1週間。幸か不幸か、まだ事件は起きていない。
 日々の生活にも慣れてきて、僕らは至って平和な日常を過ごしている。
「そうだ」
 ユリはルーの中にスプーンの先を沈めると、顔の前で手を打った。
 手を合わせながら、僕に笑顔を向ける。
「今度さ、私が作るよ。ユウちゃん、何が食べたい?」
「えっと、じゃあオムライスがいいかな」
「オムライスね。よーし、任せて」
 ぴんぽーん。
 ユリが自信に満ちた顔で大きく頷いた時、チャイムの音が耳に飛び込んできた。
「出てくるよ」
 モニター画面に映っていたのは推定40代の強面顔の男だった。
 見覚えはない。初対面だと思う。依頼人だろうか?
「えっと、どちら様ですか?」
「ユウちゃーん、誰?」
「もしかして依頼?」
 男が答えるよりも前に、二つの間延びした声が背後から飛んできた。
 振り返ると、ユリとマリが並んで廊下を歩いていた。
「やあ、ユリ君、マリ君」
 男の声がモニターから聞こえる。
「おおっ! おっちゃん!」
 マリは僕の脇を擦り抜けてドアを開けた。
 男が入ってきて玄関に立つ。
「何? また事件?」
「いや、今日は事件の話じゃないよ」
「なーんだ」
 残念そうに口を尖らせて頭の後ろで両手を組む。
 不謹慎だな。世の中的には事件が無い方がいいのに。
 もちろん探偵事務所的には困るけどさ。
「それよりユリ君。この子は誰かね?」
「助手のユウキ君ですよ」
「そうか。助手を雇ったのかい」
強面の顔が柔和な笑顔に変わって、僕へ向き直る。
「私は警視庁の警部、海堂マサアキだよ。どうか、ふたりをよろしく頼むよ」
 思い出した。この人がこの前、話していた海堂警部か。
 確かに厳つい顔をしているけど、この笑顔を見る限り根は優しそうだ。
「おっちゃん、事件じゃないなら何しに来たの?」
「非番だからね。ちょっと、これを持ってお邪魔しようと思って」
 海堂警部はバッグを床に置くと、膝を着いてファスナーを開けた。
 白い箱を出して、再び腰を上げる。
「それってもしかして……」
「そう。君達の大好きなケーキだよ」
「おっちゃん! 気が利くじゃない!」
 マリは破顔しながら背伸びをして海堂警部の肩を叩く。
「まあ、わざわざありがとうございます」
 ユリは御辞儀をしながら丁重に礼を述べる。
「この前のお礼も兼ねてね。君達にはいつも世話になっているから」
「よーし! 早速、食べましょう!」
海堂警部の手から箱を強奪すると、マリは事務室へ駆け込んでいった。
それから数分後。
 僕らは事務室のソファーに座って、ケーキと紅茶による優雅なティータイムを楽しんでいた。
「うーん! 甘い!」
 マリが歓喜の声を上げたから、僕の体は震えた。
 目を瞑りながら至福の表情をしている。
 口は生クリームで真っ白になっていた。
「やっぱり、パティパティのケーキはおいしいね」
 ユリはスプーンの下に右手を添えていた。
 上品な手つきで口元へ運ぶ。
 相変わらず、ふたりの食べ方は対称的だ。
「喜んでもらえて何よりだよ」
海堂警部は強面の顔を崩して、父親のような笑顔でユリとマリを眺めていた。
「では、ここで改めてこの事件を振り返ってみたいと思います」
 テレビから聞こえてきた声は僕らを一斉に振り向かせた。
 背広姿の男性キャスターが喋っていた。
 高崎サクラさん殺害事件、最高裁判決へ。
 そんなテロップが画面の右上で躍っていた。
「この高崎サクラさん殺害事件が起きたのは今から遡ること、2年前。帰宅途中の高崎サクラさん、当時25歳が何者かに誘拐されました。その後、サクラさんは川の中から変わり果てた姿で発見されました」
 サクラさんの顔写真が大写しになる。
 白いワンピース姿で正面を向いて可愛らしく微笑んでいる。
 長い黒髪、色白の顔。
 この写真はニュースで何度も見たけど、改めて見ると本当に綺麗な女性だ。
「容疑者として浮上したのは5人の男達でした。5人の名前は森嶋マサト被告、永田リョウタ被告、舟木ケンジ被告、横山タクヤ被告、小野テツヤ被告。5人とも逮捕直後から一貫して容疑を否認しており、裁判が始まりました」
 5人の被告の顔写真が並んでいて、下に名前のテロップが表示されている。
 上の段に森嶋と永田。下の段に舟木と横山と小野。
「一審では主犯格とされる森嶋被告に死刑。他の4人には無期懲役が言い渡されました。しかし、弁護側はこの判決を不当だと訴え控訴しました。二審では一転して無罪になり、検察側がこれを不服として上告しました。そして今日、いよいよ最高裁で判決が確定します」
 僕もこの事件は詳しく知っている。発生当時から随分とマスコミを騒がせていたから。
「そういえば、今日だったな」
 海堂警部が画面を見据えたまま、思い出したように呟く。
「ねえ、おっちゃんはあいつらが犯人だと思う?」
「警察の人間として下手なことは言えないがね。しかし、あの5人が無関係だとは思えないよ」
「でしょ? あたしもあいつらがやったんだと思うわ」
マリが吐き捨てるように断言して、テレビへ視線を戻した直後だった。
「判決が出ました!」
 慌ただしい声と共に、レポーターの男が画面右端から飛び出してきた。
 急いで右手を伸ばして、マイクをスタッフから受け取る。
 そして、カメラに向かって大声で叫んだ。
「無罪です! 無罪判決です!」
「無罪か」
 海堂警部が深い溜め息をつく。
 スタジオの男性キャスターが再び映し出された。
「では、ここでサクラさんの御両親にお話を伺います。サクラさんのご実家と中継が繋がっています」
「はい。こちらサクラさんのご実家です」
 場所はリビング。
 吉野夫妻とレポーターがソファーに向かい合う形で座っていた。
「まずはサクラさんのお母様、吉野カズミさんにお話を伺います。無罪判決が出ましたが、今の率直なお気持ちをお聞かせください」
「信じられません。どうして、死刑じゃないんですか……?」
 両手で顔を覆いながら、肩と声を震わせている。
 それきり、カズミさんの口から言葉が出てくることはなかった。
「では、お父様の吉野タカヒロさん。今回の判決について、率直なご意見をお願いします」
「犯人はあいつら以外に考えられないですよ。あいつらが殺したに決まってます。殺してやりたいです。この手で殺してやりたいです。法が裁いてくれないなら、私がこの手で殺してやりたいです……」
そこで言葉は途切れて、タカヒロさんは肩を落として泣き崩れていた。
「続いて、サクラさんの夫の高崎キョウさんとも中継が繋がっています」
「はい。こちら高崎キョウさんのご自宅からお送りします」
 こちらもリビング。
 キョウさんとレポーターがソファーで顔を突き合わせている。
 同じくマイクを向けてインタビューを始める。
「無罪判決が出ました。これに対してどう思われますか?」
「僕も有罪判決が出ると信じていたので、信じられないです。返して欲しいです。僕の大切な人を……返して欲しいです……」
 キョウさんも愕然と項垂れて、悔しさに体を震わせていた。
 大切な人。
 僕はその言葉を耳にして考えていた。
 もし僕が同じ立場だったらどう思うだろう?
 僕には恋人も妻も娘もいないから想像するしかない。
 もし妻や娘がいて殺されてしまったら、僕だって同じことを思うだろう。
 口には出さなくとも殺してやりたいと思ってしまうだろう。
 タカヒロさんとカズミさんにとっては娘。キョウさんにとっては妻。
 大切な人を失うということ。
 それは一体、どれくらい、つらいことなのだろう?
 とてもじゃないけど、僕には想像もつかない。
 だって、僕には恋人も妻も子供もいないから。
 だって、僕には大切な人がいないから。

「はい。お待ち遠様」
テーブルに置かれた黄色い料理を見た瞬間、僕は思わず感嘆の溜め息を漏らした。
 ユリが作ったオムライスはおいしそうだ。
 今日のユリは美人若奥様といった雰囲気だ。淡いピンクのエプロンが似合っている。
 綺麗な長い髪は白いリボンで束ねて、後ろで結んでいる。
「ユウちゃん、ちょっと待ってね」
 ユリはテーブルに立っているケチャップを取る。
 何をするのか聞く暇もなく、オムライスの真ん中にハートマークが描かれた。
「これで良しと」
 満足げに微笑んでケチャップをテーブルに立てる。
 今度はスプーンを取ってオムライスを切る。
「はい、あーん」
 黄色い塊を乗せたスプーンを口元に突き付け、恥ずかしい台詞を言わせようとする。
「あ、あーん……」
羞恥に耐えながら、スプーンの先端に食いつく。熱い顔を伏せて咀嚼して嚥下する。
「どう?」
「うん、おいしいよ。ユリもいいお嫁さんになれると思うよ」
「そっか。じゃあ、ユウちゃんがお嫁さんにしてくれる?」
ユリはテーブルに両肘を付いて顎を支えると、満面の笑顔で爆弾発言を投下した。
思わず背中を曲げて咽せてしまった。チキンライスの御飯粒が鼻に入った。痛い。
「ユウちゃん、大丈夫?」
背中を摩ってくれているらしく、ユリの手が上下に動いている。
「馬鹿ね。何、真に受けてんのよ」
 マリには容赦なく罵声を叩きつけられた。
 踞っているから顔は見えないけど、きっと蔑んだ目で見ているだろう。
「そうだ。今度はあたしが作るわ」
「えっ? マリ、料理できるの?」
「失礼ね。あたしだって料理くらいできるわよ」
 心外だとばかりに横目で睨む。
 本当かな。さすがにキッチンが爆発してアフロヘアになるとは思ってないけど、かなり心配だ。
「それで? あんたは何が食べたいのよ?」
「うーん、じゃあハンバーグがいいかな」
「ハンバーグね。見てなさいよ。絶対、ぎゃふんって言わせてやるんだから」
 例によって両手を腰に当てながら、思い切り顔を近づけて睨む。
 ぎゃふんじゃなくて、おいしいと言わせて欲しいな。
 心の中でツッコミを入れた時、電話のベルが事務室から響いてきた。
「出てくるよ」
 皿にスプーンを置いて席を立つ。
 事務室へ飛び込んで五コール目で受話器を取った。
「はい。白鳥ユリ・マリ探偵事務所です」
「ああ、ユウキ君かい……」
 受話器の向こうから聞こえてきたのは海堂警部の声だった。
 緊張感に満ちた声から非常事態が起きていることは容易に察知できた。
 受話器を握る左手に力が入り、両足が床にへばりつく。
「どうしたんですか?」
「森嶋マサトが殺されたんだよ。サクラさんの事件でこの間の裁判で無罪になった、あの5人の中のひとりだよ」
 ニュースで見た顔写真が脳裏に浮かぶ。
 殺されたのか。
 裁判が終わって間もないというのに殺されるなんて。
 何かあるに違いないというのは素人の僕にでも察しが付く。
「場所はどこですか? 自宅で殺されたんですか?」
「そうだよ。それが酷い状態でね。体中が傷と痣だらけなんだよ。執拗に切りつけたり、殴ったみたいだね」
 気配を感じて振り向くと、ユリとマリの顔がすぐ傍にあった。
 ふたりとも背伸びをしながら聞き耳を立てている。
「そういうことだから、ユリ君とマリ君を連れて来てくれるかい?」
「分かりました。では、のちほど」
 受話器を置いてディスプレイに表示された日付を見つめる。
 1月13日。
 とうとう、僕が助手になってから初めての事件が起きてしまったんだ。
 ほら、言わんこっちゃない。
 やっぱり殺人事件だ。

しおり