沢倉秋宏は異世界の魔王と腐れ縁な至って普通の人間である。 (外部サイトで読む

壬黎ハルキ

ある朝、とある高校のクラス全員が忽然と姿を消した。
隣のクラスだった俺は驚いた。
そして俺の親友であり、寮のルームメイトでもある男は言った。
間違いなくそれは異世界召喚であり、勇者として魔王を倒させるつもりだと。
しかし俺は素朴な疑問を浮かべずにはいられない。
その魔王である男は、何を隠そう地球の――それも俺の目の前にいるのだから。

普通の学校に通う普通の少年。そしてその少年と同級生で、腐れ縁的な異世界の魔王。
これは、そんな二人が織りなす、ちょっとだけ騒がしい日常のお話である。

※全十六話、完結済み。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    沢倉秋宏
    腐れ縁
    魔王
    騒がしい日常
    ルームメイト
    少年
    腐れ縁的
    完結済み
    勇者
    同級生
    クラス全員
    目の前
    親友
    疑問
    地球
    高校

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち