落ちこぼれ国を出る〜実は世界で4人目の付与術師だった件について〜 (外部サイトで読む

御影 雫

孤児院育ちの独身男<斉藤甚九郎>は、ハロワ帰り不運にもトラックにひかれてしまう。
目が覚めると、そこは高級感あふれる広い部屋だった。

転生先の少年<ジンク>はノンランド公爵家の長男。
将来は公爵家を継ぐ立場の筈だが……彼は落ちこぼれ故に濡れ衣を着せられて廃嫡され、国外追放の刑に処される事が確定していた。

いきなりの超ハードモードに、頭を抱えながらも足掻こうとするジンクはふと違和感を抱く。
「あれ? 何でゲームのステータスみたいなものが見えるんだ?」と……。

類まれなる、剣と魔法の素質。
そして世界で3人しか保有者がいない超レアスキルを、自らが持つ事に気付いた彼の行く末は……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ジンク
    ハロワ
    濡れ衣
    落ちこぼれ故
    斉藤甚九郎
    素質
    行く末
    孤児院育ち
    ステータス
    超ハードモード
    長男
    落ちこぼれ国
    ノンランド公爵家
    公爵家
    違和感
    立場

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

Kindleにて個人出版中。
1巻:https://www.amazon.co.jp/dp/B0825Z413V
2巻:https://www.amazon.co.jp/dp/B083YYWNWF

作者HP:https://2-novel.com
Twitter:https://twitter.com/MikageSizuku