バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

3

ある日、母に言われました。

(もうすぐ幼稚園にいくわよ、幼稚園には子供がいて面白いところよ)

それを聞いた私はすごく喜んだ事を覚えています。

(幼稚園に行ったら友達をたくさん作ろう)

しかし、それはできませんでした

そして、そろそろ幼稚園にいく日が迫ってきたあるとき、私はミニカーで一人で遊んでいると、こたつにはいって、テレビを見ていた兄が怒鳴りながら私に行って来ました。

(おい、タケシ、ちょっとこっちにこい)

私は恐る恐る行きました

すると兄はペンと紙を持ってなにかを書き始めました。

終わると言います

(この漢字を全部覚えろ)

私はわけもわからないまま、漢字を練習しましたが、一問もかけませんでした

すると兄は怒りながら言いました

(お前はなんで漢字をかけないんだ、頭がおかしいな、最低なやつだなお前は、お前なんか早く死んてしまえばいいんだ)

と信じられない言葉をいってきました。

私は大泣きをすると両親が帰ってきました。

私は母に泣きながらしがみつきました。

しかし、両親は私が知る限り一度も兄に対して怒ったことがありません。

私は今でも兄は最低の人間で、頭のおかしい人だと思っています。

私と兄はなかがすごく悪くて、生きていた中で、ほとんどいまだに会話したことがほとんどありませんが、出来ればコロナウイルスで死んでくれると、私は大笑いすることが今でもできます。

私はこの男は一生許しません。

とにかく早く地獄へ落ちろ

といつも思っています。

しおり