バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

         

 日本史の授業が始まってからずっと三上は胸騒ぎを感じていた。
 神社の後継ぎだからなのか、三上には研ぎ澄まされた第六感があった。それが警告を発している。
 それは大雨の最後から薄く感じていたものだったが、彼はあえて無視していた。気にかけて深く関わっていくことで凶事に巻き込まれてしまう経験を何度もしていたからだ。
 三上は警告と共に獣臭も感じ取っていた。それが今朝から強くなり、さらに授業中、だんだんその臭いが濃くなってくることに気付いていた。
 窓の外に何を見たのか、片岡は茫然自失で震えている。聖徳は片岡の授業態度にキレ出し、クラス全員二人の動向を声も立てず見守っていた。いつも粋がっている村島や日野でさえ緊張のあまり顔が強張っている。
 凶事に巻き込まれたくはなかったが、向こうからやってきたものは仕方ない。
 三上は音を立てず席を立ち、聖徳をスルーして片岡の横から窓を覗いた。
 奇妙な動きをした女がグラウンドに入っていく。背後には制服を着た薄っぺらい人型のものが植え込みに引っかかってぺらぺらと風に揺れていた。
 それが何なのか三上にはわからないが、女が異形の者で、それが女の仕業だということはわかった。片岡はまともに見てしまったのだろう。
「何や、三上。お前も授業ボイコットすんのか」
 鼻筋にしわを寄せ、生徒に舐められたと思い込んでいる聖徳が三上まで睨む。
「先生、あれを」
 その顔を見もしないで、三上は窓外を指さした。
 サッカー中の一年の男子生徒が脚を止め、カクカク進んでくる女を遠巻きに眺めていた。
 侵入者に気付いた体育教師の遠山が声を掛けながら女に近づいていく。
 筋肉隆々の遠山は女を保護者だと思ったのか、頭二つ分低い女に白い歯を見せ微笑んだ。が、突如女の『口』に上半身を咥えられた。
 じたばたと遠山の脚が暴れている。
 傍観していた男子生徒たちはいまだ何が起こっているのか理解できず唖然と立ち竦んだままだった。
 屈強な遠山の身体が嚥下に合わせて徐々に萎んでいく。脚はもう動いていない。
 いち早く我に返った数人の男子が悲鳴を上げ、校舎に向かって逃げ出した。
 獲物が散らばっていくことで気が削がれたのか、女は遠山を吐き出し生徒たちを追いかけ始めた。
 吐き捨てられた遠山は植え込みに引っかかっているものほどぺらぺらになっていなかったが、干しブドウのようになり、すでに事切れているのかまったく動かなかった。
「な、なんやあれ」
 聖徳の喉がかすれた。
 窓際に座る数人も同じものを見て小さく悲鳴を上げる。
 皮膚の弛んだ女はよたよたしていたが、大きな『口』から黒い触手を伸ばしながら確実に生徒たちに迫っていた。動く度にますます皮膚がずれ、身体が捩れていく。
 好奇心旺盛な男子たちが目隠し鬼のように女の周囲を回って観察していた。
 その中の一人、体操服に須加と書いた男子がつまずき転ぶとすぐさま女が頭から咥え込んだ。それを見て血相を変えた他の男子たちが散り散りに逃げ惑う。
 須加の身体は中身を完全に吸いつくされ抜け殻にされたと同時に歪に膨らみ始めた。逆に女の身体が萎み始め、その皮が須加の頭にかぶさった状態になった。
 須加は女を引っ張り外し投げ捨てるとクラスメートを追いかけ始めた。
 女より動きの速くなった須加の身体は、逃げる男子を捕まえてはおいしいところだけをつまみ食いをするように少し吸って吐き捨てるを繰り返した。
 少しだけ萎んだ男子たちがグラウンドに倒れていく。
 校舎の中に逃げた生徒たちが報告したのか、数人の教師たちがグラウンドに現れ、倒れている複数の生徒に気付き慌てて介抱に向かう。
 そんな教師の一人に須加は喰らいついた。
 それを見た他の教師たちが戸惑いながらも二人を引き剥がそうとした。だが、だんだんと萎んでいく同僚と後ろに垂れた須加の顔の乾いた目を見て後退りし始めた。
「はよ逃っ――」
 下に向かって叫びかけた聖徳の口を三上は塞ぎ、そのまま自分より頭一つ分低いその身を窓から引き離す。
「みんなも窓から離れてっ」
 突っ立ったままの片岡の腕を引っ張りながら、青い顔で窓を覗き込んでいるクラスメートや興味津々で近付こうとしている者に注意する。
「こちらに気付いたらやばいです。ここへ来ますよ」
 聖徳の耳に囁き、三上は手を放した。
 日本史の教師はうなずくと「窓から離れろっ」と小さく、だが強い声で制した。
 訳のわからないまま皆、窓からそっと離れる。
 小木原だけが何も知らず机に突っ伏したまま眠っていた。

しおり