木徳直人はミズチを殺す (外部サイトで読む

あんでっど

15万字完結作

謎と戦慄の学園伝奇サスペンス
(現代ダークファンタジー)

【あらすじ】

「ミズチはアンタをどうするか」

高校生の木徳直人(きとくなおと)は見知らぬ部屋で手足を縛られていた。
目の前には刃物を持った謎の女。彼女は自身をミズチと名乗った。
記憶から脱出の糸口を探す直人。
彼を処刑しようと迫るミズチ。
二人の対話の先、決死の直人は反撃の一手に出る――

幸運にも生き延びた彼の前に、再び狂気の女がやって来る。

「――ミズチはね、魔女なの」

ミズチとの事件。それは謎を伴う闇の闘争のきっかけに過ぎなかった。
学園で力に目覚める者、敵対者達。
彼らが直人とミズチの前に現れる。
生死を賭ける暗闘が幕を切った。

――しかし事態は思わぬ変化をしていく。

「お前を、殺してやる」

人と悪、狂気の果て、希望の物語。

タイトルロゴ:紅蓮のたまり醤油氏

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ミズチ
    決死
    生死
    糸口
    アンタ
    戦慄
    直人
    刃物
    闘争
    反撃
    暗闘
    現代ダークファンタジー
    狂気
    手足
    対話
    あらすじ
    脱出
    学園伝奇サスペンス
    魔女

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2021/07/17 21:10:12

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は583aiと判定されました。
ファンタジー作品の中でも珍しい設定がたくさんありますね。
文章のバランスが良く、読みやすいと感じました。

適度な割合で用語を用いてしっかりとした文章構造になっている作品ですね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を確認してみると良いかと思います。

別世界を感じる素敵なお話をありがとうございました。
ファンタジーならではの各種分析結果や類似作品も是非ご覧ください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
流行が変わると評価も変化していきますのでまた読ませてくださいね!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      9文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      14文字

      句読点の間隔が長いかな

    • 改行までの文字数

      10文字

      改行までの文章が長いかな

    • 名詞の出現率

      18.16

      名詞がちょっと少ないかな

    • 動詞の出現率

      10.21

      動詞がちょっと少ないかな

    • 接続詞の出現率

      0.1259

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.5185

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      37.90

      ひらがなが少ないかな

    • 特殊語の出現率

      23.43

      記号などが多いかな

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      セリフが多いかな

    • 空行率

      34.77

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      72

      表現力が豊かだね

    • 単語の重複率

      26.68

      標準的だね