少女は精霊の加護付き星人、異世界人生始めます! (外部サイトで読む

三月べに

 星が流れると異世界から人が降り立つ。星人(ほしびと)が流れたというらしい。そんな異世界転移をしてしまったらしいが、様子がおかしかった。普通は十分に成長した大人が現れるのだという。私は大人だった。なのに、まるで身体だけ十歳に戻ってしまったかのように若がっていたのだ。

 幼い星人を養子にしたいという声が無数に上がり、面談をすることになった。
 星人には精霊の加護がつくらしい。目当てはそれだ。
 貴族に養子だなんてラッキーだ! 思っていたが、息が出来ないほどの苦しい生活だった。

「とりあえず、ぶっ飛ばして、出てく」

 こんな第二の人生は認められない! 私は自由に生きる!!!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    加護
    養子
    精霊
    ほしびと
    貴族
    面談
    目当て
    異世界転移
    苦しい生活
    加護付き星人
    少女
    幼い星人
    身体
    様子
    異世界
    異世界人生
    人生
    大人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち