異世界召喚されたので、『世界の敵』はじめました (外部サイトで読む

森野一葉

「世界なんて滅べばいい」

 親に虐待されて育った高校生クロサキ・セツナは、ある日突然異世界に召喚される。
 召喚者であるハーフエルフの少女アトリは、セツナに懇願する。

「お願いです、勇者様! どうか、わたしを殺してください!」

 聞けば、アトリの体にはかつて世界を滅ぼしかけた破壊神の魂が宿っており、そのために人間からは忌み嫌われ、魔物からは命を付け狙われているという。
 世界中から拒絶された彼女の境遇に共感し、セツナはアトリを命がけで守ることを誓う。

 世界でただ一人、自分を必要としてくれた少女のために、世界中を敵に回す『異世界テロリスト』の戦いが始まる。
魔物の森編

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハーフエルフ
    アトリ
    セツナ
    境遇
    命がけ
    少女アトリ
    魔物
    高校生クロサキ
    戦い
    異世界テロリスト
    破壊神
    わたし
    召喚者
    少女
    勇者様
    異世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち