潮流のいたずら (外部サイトで読む

ハリマオ65

主人公の大内三郎は小学校の仲間と3人での崖から海に飛び込んで遊んでいた、運悪く、海底の岩に三郎が頭を打って、気を失いペットボトル・ゴミに、1日、漂流、自力で岸に泳ぎ着いたが記憶が消えていた。その後、粗末な家の門をたたくと、最近、同じくらいの年の子供を交通事故で亡くした、母がいて、これは神様のプレセントとばかりに、彼を亡き、自分の息子として、戸籍も変えて、熱海へ移住し、生活を始める。その後の、波瀾万丈の人生やいかに? アルファポリスに重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    漂流
    潮流
    戸籍
    大内三郎
    海底
    熱海
    三郎
    重複
    プレセント
    自力
    神様
    波瀾万丈
    小学校
    息子

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち