隣の料理人

北きつね


料理ができない男女。もっぱら食事のスパイスは隣からの匂いだった。

隣からの料理の匂いが気になってしまう。

古いアパートでの日常。
仕事から帰って来て、自分は疲れて、弁当やカップ麺を食べているのに、隣からは毎日いい匂いがしてくる。
これが拷問じゃなくて、何を拷問というのだろうか?

料理ができない二人は、お互いの事を勘違いしている事を知らない。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    拷問
    カップ麺
    匂い
    料理人
    スパイス
    古いアパート
    お互い
    男女
    弁当
    いい匂い
    食事
    日常
    二人
    仕事
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

食事のスパイスは勘違い?

一話完結
更新日:2019年03月13日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち