身代わり王女の受難~死に損なったら、イケメン屋敷のメイドになりました~ (外部サイトで読む

茂栖もす

とある世界のとある国……じゃなかった、アスラリア国でお城のメイドとして働いていた私スラリスは、幼少の頃、王女様に少しだけ似ているという理由だけで、身代わりの王女にされてしまった。

しかも、身代わりになったのは、国が滅亡する直前。そして餞別にと手渡されたのは、短剣と毒。……え?これのどちらかで自害しろってことですか!?

誰もいなくなった王城で狼狽する私だったけど、一人の騎士に救い出されたのだ。

あー良かった、これでハッピーエンド……とはいかず、これがこの物語の始まりだった。

身代わりの王女として救い出された私はそれから色々受難が続くことに。それでも、めげずに頑張るのは、それなりの理由がありました。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    身代わり
    受難
    私スラリス
    メイド
    身代わり王女
    ハッピーエンド
    王女様
    アスラリア国
    王城
    イケメン屋敷
    餞別
    短剣
    どちらか
    理由
    お城
    騎士
    直前
    始まり
    物語

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち