堕ちた聖女は贄の青年に誘われる (外部サイトで読む

永野水貴

「俺は贄だ。あんたのためのな」
かつてヴィヴィアンは救国の聖女だった。
だがある禁忌を犯していたため、婚約破棄され、表舞台から姿を消した。
追放も同然の身となり、人から隔離された小島で日々を過ごす。
そんなある日、見知らぬ美しい青年が奴隷としてヴィヴィアンのもとに運ばれてくる。
彼は冷たく笑いながらヴィヴィアンを翻弄し、自分を“贄”として扱うよう迫った――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ヴィヴィアン
    聖女
    表舞台
    救国
    禁忌
    美しい青年
    追放
    小島
    婚約
    あんた
    奴隷
    もと
    日々
    姿
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち