エースの背中

滝川 誠

テレビを見る僕の後ろで、通りすがりの誰かが言った。

「お、今年は最下位じゃないね」

テレビには『全国高校駅伝大会』の中継が流れている。今、僕らの県のチームがゴールした。他人事のように言ったその人はもういなくなっていた。僕らの県は45位だった。47チーム中の45位・・・・。
僕らの県は大体がその辺りの順位だ。僕はそんな県の、本島から離れた小さな島で、毎日駅伝の練習に明け暮れている。あのテレビに映し出された憧れの舞台に立つ事を夢見て。
でも、同志は少ない。僕と3年間ともに練習してきたのは1人だけ。この島で、本気で駅伝だけをやっている人は希だった。
そんなこの島に1人のランナーが東京からやってきた。速かった。その人はとんでもなく速かった。僕と同い年で、彼は出場する駅伝大会で次々と記録を打ち立て、遂には全国大会で区間新記録まで打ち立ててしまった。
そんな彼が島の高校に進学する。
その噂を聞いた僕は、即決で彼が進学すると噂される高校への進学を決意した。
憧れの舞台、『都大路』で走るために・・・・

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    誰か
    駅伝
    僕ら
    都大路
    区間新記録
    通りすがり
    テレビ
    全国大会
    憧れ
    最下位
    ランナー
    他人事
    全国高校駅伝大会
    舞台
    同い年
    本島
    同志
    エース
    即決

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち