【完結】戦国雑兵の意外な野望 ~または僕は如何にして自我を抑えて天下人の後継者に心服するようになったか~ (外部サイトで読む

室士郎

豊臣秀吉と正室・寧々の間に産まれた嫡子『豊臣秀繁』の第一の家臣『僕大吾郎』の活躍をご覧あれ!
貧農・五郎は亡父の財産を継父に獲られ、生きていくために羽柴家に雑兵として仕官し、豊臣秀吉の嫡子・『豊臣秀繁』に認められ『黒田官兵衛』などの教育を受け、『僕大吾郎輝繁』の名前を頂戴し雑兵から戦国武将へと化す!

『秀繁さまの未来知識があれば、素直に従っているだけで僕も大大名に成れる!』

――大吾郎は最初から秀繁に心服などしていなかった!
嫉妬と羨望、そして打算と憧憬に溢れる彼の戦国成長期を綴っていきます。

◇◇◇◇◇

一介の雑兵に過ぎなかった豊臣秀繁第一の臣・僕大吾郎輝繁の視点から見た戦国下剋上・秀繁の革命戦の世界を描いていきます。

『戦国武将の異常な愛情 ~または私は如何にして心配するのをやめて下剋上を愛するようになったか~』スピンオフ外伝!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    豊臣秀繁
    雑兵
    豊臣秀吉
    嫡子
    僕大吾郎輝繁
    戦国武将
    黒田官兵衛
    天下人
    戦国雑兵
    戦国下剋上
    貧農
    心服
    継父
    スピンオフ外伝
    戦国成長期
    亡父
    正室
    一介
    後継者
    憧憬

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち