精霊さまの気まぐれな祝福 (外部サイトで読む

小蔦あおい

イベリスは運命の相手と死ぬまで添い遂げられるという精霊の祝福を受けてしまう。相手は無愛想な聖騎士のレヴィンで、おまけに一方が死ねば、同時にもう一方も死ぬという厄介な制約つき。
しかし、イベリスには長年想いを寄せる幼馴染がいた。
想いを断ち切れず、聖女様に祝福をなかったことにしてもらえないかレヴィンへ頼むのだが――何故か代わりに彼の元で働くことになってしまった。
同じ頃街では「オニキスの乙女狩り」という少女ばかりを狙った不可解な事件が次々と起こっていて――

不器用な聖騎士と少女のお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    レヴィン
    イベリス
    祝福
    聖騎士
    精霊
    オニキス
    少女
    一方
    幼馴染
    乙女狩り
    精霊さま
    聖女様
    長年想い
    相手
    制約つき
    代わり
    運命
    事件
    お話

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち