ハーフエルフに転生したけど暇を持て余しそうなので、異世界文明に革命を興すことにしました。 (外部サイトで読む

さきばめ

 凡人な俺は気がつけば特別な能力も与えられることなく、長命種として異世界転生していた。
 そうして疑問に思う。娯楽の乏しい異世界で、俺は何百年も生きていけるのだろうかと。

 退屈に殺されるくらいなら――現代知識を使って、地球を越える超弩級文明を作ろうじゃないか。
 しかし未知満ちた未来への野望を成すには、世界を回していくには仲間が必要となる。

 魔術で、科学で、文化で、宗教で、外交で、そして武力で。
 手段を選んで異世界を巻き込み、ありとあらゆる進化と発展を促していくのだ。

 自分は神様でも魔王でも勇者でも英雄でも、加護もなければ天才でもない。
 だからこそ俺なりの方法で世界を駆け成り上がり、新たなこの長き人生を存分に謳歌してやるのだと。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    超弩級文明
    乏しい異世界
    異世界文明
    ハーフエルフ
    長命種
    加護
    武力
    凡人
    魔術
    娯楽
    野望
    魔王
    現代知識
    勇者
    英雄
    未知
    外交
    退屈
    革命

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち