EQPのセオリー (外部サイトで読む

暘 弥涼

※個人サイト掲載作品&縦書きです。

 空を往く方舟、空中要塞アルストグラン。そこにて探偵兼パパラッチを営む男、ダグラス・コルトには、お世辞にも可愛いとはいえない娘が居た。
 人は嫌いだが獣は大好きで、将来の夢は獣医になること。口も悪けりゃ、言動も乱暴で粗忽。女らしいとは決していえない娘の名は、アレクサンダーといった。
 今日もコルト探偵事務所では、父と娘の怒鳴り声だけが轟いている。そんな誰も近寄りたがらないコルト探偵事務所に今日だけ珍しく、依頼人が訪れていた。

 『大罪人』と世間に仇名される、幼き日に亡くしたという依頼人の父親の真実を掴むため、コルト親子は奮闘する。その果てに、アレクサンダーが掴んだものは……――?

 見えざる陰謀の尻尾を追い、巨大な闇に追われる羽目になった、探偵親子の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アレクサンダー
    コルト探偵事務所
    依頼人
    大罪人
    空中要塞アルストグラン
    怒鳴り声
    探偵兼パパラッチ
    仇名
    ダグラス・コルト
    セオリー
    コルト親子
    方舟
    お世辞
    EQP
    探偵親子
    個人サイト掲載作品
    獣医
    陰謀
    乱暴
    羽目

    Web Services by Yahoo! JAPAN

お知らせ

Kindle版が配信開始されました! http://amzn.asia/d/8Zn1h3K

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち