グラウンド・ゼロ (外部サイトで読む

紀伊チトセ

「今日もまた、誰かが助けを求めてる」
白髪青目の少年、ルーカス・クロフは、ごく普通の高校生だった──たった2つの点を除けば。
ひとつ目、ヒーローだということ。ふたつ目、能力者だと言うこと。

4歳の頃、自身の能力のせいで両親を失ってしまい、「こんな能力なんていらなかった」と嘆くルークは、とあるヒーローに命を救われる。「一緒に帰ろう」と手を引かれてやって来た家には、たくさんの仲間がいて──

仲間と支え合い、時に喧嘩して、時に命をかけて共に戦う。

「助けを求める人がいる限り、僕は命をかけてでも動く」
「僕らはみんな、家族なんだ──」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    誰か
    ヒーロー
    ルーカス・クロフ
    白髪青目
    能力者
    グラウンド
    ルーク
    仲間
    ふたつ目
    高校生
    僕ら
    グラウンド・ゼロ
    両親
    少年
    ひとつ目
    たくさん
    限り
    自身
    家族

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち