砂塵のR・グレイ (外部サイトで読む

甘味亭太丸

かつての文明は荒廃し、地球を覆うのは一面砂漠と化した大地であった。照り付ける灼熱の太陽とあらゆる生命を枯らす砂漠の上で人々は文明の残滓にすがりながら、今日までの日々を生き抜いてきた。
そしてひとつの街が暴力の波に飲まれようとする。だが、それもこの時代では仕方のない運命であった。
一つ違ったとすれば、その街に一人の男がやってきたことだろう。
広がる地獄を一人の男が行く。口笛を吹きながら。男は旅を続ける。邪魔をするものはぶちのめし、ターゲットを定めれば必ず仕留める。歯向かう者は全て破壊あるのみ。
その男の名はグレイ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    文明
    仕方のない運命
    残滓
    砂塵
    ターゲット
    一面砂漠
    口笛
    灼熱
    一人
    全て破壊
    暴力
    R・グレイ
    大地
    生命
    地獄
    邪魔
    地球
    ひとつ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち