バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

第5話 僕は漢の為に頑張るよ! (24)

 でもまあ、この世界の男性は、僕だけだから、『良いよ! 気にしないようにする!』だって閣下は、僕の子供を沢山産んでくれると述べていたからね。
 まあ、僕が、こんな事を『グチグチ』と悩み考えていると。今度は劉協姫様が口を開いたよ。
「えええ、そうですよ、閣下……弁姉様の申している通りです。実際の所はどうなんですか? この世界で唯一の宝は閣下と呂布の二人だけで全部使用したのですか?」
 と、僕の閣下に訪ねているんだけれど。貂蝉さん、姫様二人が閣下に尋ねている、《《この世界唯一の宝》》とは一体何の事だろうか?

 僕ね、閣下事で焼きもちを焼くのを辞めたら。その事が気になってきだしたんだよ。だってさ、その件で皆が不仲になるといけないから注意深く話しを聞く事にするよ。僕が大事な閣下が、みんなに嫌われて孤立したらいけないからね。

しおり