バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

プロローグ

ピコピコ。ピコピコ。ピコピコ。
 ゲームのキャラクターに、パラメーターを振る。
 賢さに一つ、二つ、三つ、四つ、五つ……。
 ようやく、賢さが、カンストになった。
 体力はなく、力が弱く、防御力もなく、MPすらない。格好良さももちろんゼロ。
 MPが切れたらそこでもう終わり。
 俺は、醜く小さく、汚らわしい一人の老人の魔法使いを幻視する。
 彼は、一人では何もできないほどに弱いだろう。
けれども、そのキャラの広範囲魔法は全てを薙ぎ払うのだ。
俺は微笑む。
一人でそこまでのレベルに行くまで。並大抵の労力ではなかった。
目的は達成した為、俺はそこでゲームを止める。
ゲームクリアに、興味はなかった。
俺が興味があるのは、ただ一つ、一度でいいから一番になる事だけだ。
仮想現実の中だけじゃない。現実の中でも一番を取って見せる。
いや、一番じゃなくてもいい。俺はただ、双子の妹の美咲に勝ちたい。
ゲームを止めると、俺は現実世界へと戻った。
 しかし、俺は自分で思うよりもずっとそのゲームにこだわりがあったらしい。
 俺は敗れるたびに老魔法使いの夢を見た。
 深い深い森の中、人里離れた広い洞窟でたった一人、研究をしている老魔法使い。
 服はたったの二着だけ。両方とも、ぼろぼろの黒いローブ。
 枯れ枝のような手。
 毎日の食事は、薬草を煮た薄いスープ。
 外に出るのは年に一度。小物の魔物を倒して町に売る時のみ。
 その時に町の人々から浴びるのは、嘲笑。
 誰も彼の偉大さを知らない。それでいい。そうして、彼は誰にも知られずに消えていく。
 俺が夢見るのは、そんな魔法使いの日常の夢だった。
 派手な戦いの場面は一度もない。何故なら、防御力も素早さもない彼は強い魔物を狩れないから。
 他の人が見れば、惨めなのかもしれない。情けないのかもしれない。寂しいのかもしれない。何が幸福かわからないと言う人もいるだろう。けれども、俺は憧れた。その老魔法使いの夢を見ては、あの老魔法使いになれたら、と思った。
 けれどもある日、その夢に異変が訪れた。
 勇者が、訪ねて来たのだ。
 若く、美しく、体格が良く、太陽のような笑みを持つ女。勇者は妹そのものだった。
 魔王を倒そうと勇者は言う。老魔法使いはにべもなく断った。
 勇者は、老魔法使いを抱えて行ってしまう。力のない魔法使いには抵抗しようもなかった。
 強引な勇者に、少しずつ流され、ほだされていく老魔法使い。
「やめろ、やめてくれ!」
 俺は必死で叫ぶが、声は老魔法使いに届かない。
 老魔法使いが勇者に惹かれるたび、俺と老魔法使いの心は剥離していく。
 どんな強力な魔物も、勇者が魔法使いを庇い、その間に魔法使いが呪文を詠唱する事で倒す事が出来た。
 強力な魔物と戦う高揚感。見知らぬ文化を見る時の驚き。人との触れ合いの暖かさ。
 勇者に引っ張られて、灰色だった魔法使いは様々な事を知っていく。
 これも全て勇者のお陰。魔法使いは嫌っていた勇者に、いつしか感謝を捧げ始める。
胸糞悪い夢。もう見させないでくれ。
夢を見た後、吐くことすらあった。
けれども、老魔法使いの夢のような日々は終わりを告げる。
魔王を打倒した時、勇者が死んでしまったのだ。
いかに優秀な魔法使いと言えど、死人を生き返らす事などできはしない。
いや、勇者がかろうじて生きていたとしても、救えなかっただろう。
もうMPが無かったから。いや、あった。MPの代わりになるものが。
 老魔法使いは呪文を唱え始める。
 老魔法使いの生命力が、削られていく。しかし、老魔法使いは後悔しなかった。
 老魔法使いの腹に、魔物の爪が突き刺さっていた。どうせ、少し死ぬのが早くなるだけの事だ。
 今度は、魔物のいない平和な世界で共に暮らそう。
 老魔法使いは、異世界への扉を開いた。
 そして、二人の魂を異世界へと送り出した。
 それが最後に見た老魔法使いの夢だった。
 俺は夢を見なくなって心底安堵した。
 気になってあのゲームを起動させてみると、それはクリアされていた。
 美咲が勝手に進めたのだ。
 俺は、ゲームを捨てた。ゲームを捨ててしまうと、気が楽になった気がした。
 けれども問題は、全く解決していなかったのだ。

しおり