バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

第5話 盗掘者達の不思議な会話の方法?(4)

 たまたまZ400FXに跨り運転をしている青年の容姿。彼が着用しているヘルメットのデザインとカラーを確認するべく凝視していたら。

 彼が着用しているヘルメットの陰から時より。『フワフワ』と布らしき物が揺れなびく様子が凝視できたので、注意深く観察をしてみれば、アライグマ若しくは、タヌキのぬいぐるみみたいな物が確認できたのだよ。

 だから更に凝視して確認してみた。

 するとZ400FXに跨り運転をしている青年が着用をしているヘルメットの陰から、風でなびき揺れる物はタヌキ……。

 それも、タヌキの置物であり。大変に大きな玉を二つ威張ってぶらさげ、人の目に曝け出している信楽焼きのタヌキさまの置物と良く似た容姿の御タヌキさまが風になびき揺れているのが確認できたのと。

しおり