バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

第2話 城内(ダンジョン)で爆音?(2)

 だから不思議でならない。と、言うよりも? 誰が近代世界日本の紺色……。一昔。いや? 二昔と呼んだ方が良いのか? 波乱万丈の時代と呼ばれて昭和の時代の終わり頃に、若者達の間で流行した。当時バイクの製造販売メーカーであるKawasakiが世に出した。ナス紺色のZ400FX。

 それも? メッキ仕様のモリワキ製手曲げ集合管を装備した物を。誰が持ち込み──。運転をしているのだろうか? と、困惑しながら悩んでしまう。と、思うのと? 先程から城内……。

 この【時間城】のダンジョン内の隅から、隅まで鳴り響き聞こえる金属の爆音は? このKawasakiZ400FXに装着しているモリワキ製の手曲げ集合管のサイレンサーから聞こえくる物だったのだね。

 う~ん、それにしても? このKawasakiZ400FXは何故? この無人の古城内を、爆音を鳴らしながら走り抜けているのだろうか? 思わず悩んでしまうのだが、このナス紺色のZ400FXに跨り──。ダンジョン内を駆け抜ける者の容姿を確認してみないと。その者の真意がわからないから。取り敢えずは? ナス紺色のZ400FXに跨り駆け抜ける者の容姿を見て確認をすることにしてみることにした。


 ◇◇◇◇◇

しおり