バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

1

トシキは続ける。

「それでさ、荒れていた俺はある時、一人の男にであってさ、最近テレビにもよく出てるかとうれいじ、あの人がさ、俺の人生を変えてくれたんだ」

かとうれいじとは、昔、親に虐待されて、その後、暴走族のリーダーになり、暴れていたが、捕まりそこで反省して改心し、その後、仲間と会社を設立させ、今では年商5億とも言われる不良たちを立ち直らせるために力を注いでいる、注目の人物であった。

カオルもテレビで最近よく見る人物であった。

カオルは驚きながら言う。

「あのかとうさんのもとにいたんだ、よかったね、トシキ・・・・・・でもさ、かとうさんって、本当にすごい人なんだね」

と泣き顔で笑っていった。


トシキは笑いながら言う。

「ああっ、だから今の俺はさ、決して不幸でもないし、信頼できる仲間がいる、何よりも俺のそばにはさ、カオル、お前がいるんだな、辛かったときはさ、本当に死にたいと思っていたけど、死ななくて本当によかったよ、今の俺は最高に幸せだ・・・・・・・」

カオルは泣きながら「本当によかったね」と言った。

トシキはカオルを優しく抱くと、甘いキスをした。

しおり