天使の声を聴いていた、夢のような日々のこと

WK2013

「一瞬は、永遠を映す鏡」と、その人は言った。私立ルミナス女子高校の、軽音部のバンドメンバーのその人は、ドラマーでMC。最初は憧れて遠くから眺めるだけだった一学年下のわたしは、その人と思いがけず知り合いになり、仲良くなった。その人と過ごした時、話したこと、笑顔。そしてその人の声。少しずつ思いは深まり、わたしはその人に恋をした...その人が卒業する日、卒業式の間にわたしが思い出した、それらの日々。

小説を読む
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち