悪夢から目覚めた傲慢令嬢はやり直しを模索中 (外部サイトで読む

もり/もりふみの

 公爵令嬢ファラーラ・ファッジンは、王太子殿下に婚約を破棄され、心を病んで幽閉されてしまった。
 そのとき見た夢は、社長令嬢の蝶子として嫌っていた元友人に婚約者を奪われてしまうというもの。
 蝶子って誰? 私は婚約破棄されたの?
 悪夢から目覚めたファラーラは自分が王太子殿下と婚約した翌日――十二歳であることに驚いた。
 よくわからないけれど、夢と同じ人生は歩みたくない。
 それにどうせならもっと魔法を活用して、新しいことをやってみたい!
 そのためにもファラーラは今までの傲慢だった自分を反省し、明るく楽しい未来を目指してやり直すことを決意した。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    蝶子
    ファラーラ
    公爵令嬢ファラーラ・ファッジン
    王太子殿下
    悪夢
    婚約
    社長令嬢
    魔法
    翌日
    模索中
    元友人
    婚約者
    楽しい未来
    人生
    自分
    十二歳

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち