王太子様に、また殺されたくないのです! 婚約者になるのは回避したいので、聖女であることは全力で隠します。隣国の皇子にバレて奴隷にされたのに、溺愛されているのはなぜかしら? (外部サイトで読む

結城れな

死罪となったエミリーだが、気が付くと、時が巻き戻っていた。

二度目の人生では、自分を死罪とした王太子アレックとは、関わらないと心に決めた。
聖女であることがバレれば、またアレックの婚約者にされてしまう。そのため、手首の聖女の印を隠して生活することに。

けれど、隣国の皇子に早々にバレてしまった。弱みを握られたエミリーは、王子の専属奴隷にされてしまう。けれど、なぜか溺愛されて……。

一方、王太子主催の夜会で、仕方なくアレックの命を助けたエミリー。聖女の力は使わなかったものの、アレックの様子が前世と違っておかしい。嫌われようとすればするほど、なぜか裏目に出てしまい……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    死罪
    アレック
    皇子
    裏目
    エミリー
    隣国
    夜会
    前世
    弱み
    王太子アレック
    手首
    &hellip
    専属奴隷
    王子
    王太子主催
    しまい&hellip
    全力
    バレ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち