しらたま物語 ー白月玉穂の章ー (外部サイトで読む

忽那 和音

あらすじでは、老舗の商い一家の娘たちの日常を描くようなものだと、私は触りだけは思っていた。

だが、私の野望からはそんな商い話にする気はなく、また、仲良く暮らそうというただただ何も起こらない平和な世界を作る気もない。

ただ、彼女たちがほんわか過ごしてほしいという私の願いでもある。

これは、私の思う理想とする小学生像を最大限に表現しようとした私の癒しであり、理想であり、日常だ

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    章ー
    しらたま物語
    商い一家
    野望
    白月玉穂
    商い話
    老舗
    小学生像
    理想
    最大限
    日常
    彼女たち
    娘たち
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち