秋葉原の男 (外部サイトで読む

ハリマオ65

 安田武夫と清水律子は橫浜東北部の古い農家
に生まれた。山里で田んぼと里山の自然に恵まれ
山菜、セリ、ノビロ、フキなど食べられる野草
も多く、どじょうもとれた。春には里山に多くの
タケノコが出て、夏になると自然薯もみつかり、
秋になると、クリタケ、ナラタケ、ナメコもとれ
、自然、豊かな環境に育った。

 清水律子の父の清水浩三が自治会の副会長をし
安田家と清水家は親しくしていてた。そのため安田武夫
と清水律子は幼なじみで、小さい頃から遊んでいた。

 2人は地元の小学校、中学校を卒業して安田武夫は
理科、数学が得意、清水律子は国語、社会が得意で英語
に興味を持っていた。その後、清水律子が地元の進学塾
に入り勉強して上智大学をめざし将来は英語を生かし
欧米で仕事をしたいと言う夢を描いていた。

 安田武夫は地元の高専の電気科を卒業して日本電気・
NECに就職。入社後、NEC Bit-INN秋葉原に
配属された。そこにはマイコンのマニアが集い、交流の場
となった。そこで交わされる情報をNECに、持ち帰り
、次のコンピュータ開発に役立てた。その後、安田武夫と
清水律子の関係は、コンピュータ開発で激務の連続・・・、
果たして、どうなっていくのか?
それは読んでのお楽しみ。

この作品はアルファポリス、小説家になろう
、カクヨムに重複掲載してます。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    安田武夫
    清水律子
    アルファポリス
    NEC Bit-INN秋葉原
    コンピュータ開発
    ノビロ
    クリタケ
    ナラタケ
    日本電気
    里山
    浜東北部
    上智大学
    どじょう
    マイコン
    清水浩三
    ナメコ
    自然薯
    進学塾
    ヨム
    タケノコ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち