闇市成金の末裔達 (外部サイトで読む

ハリマオ65

 安田達夫の祖父、安田清は八王子の生糸問屋の次男で生まれたが。
 生来、悪ガキで16歳の時、店の生糸を闇ルートに流して儲けたが、
親に見つかり勘当され家を出された。稼いだ金で短期間に株を売買し
大儲けして1920年22歳の時、大きな財産を手にした。

 1923年9月1日の関東大震災の時、武蔵野にいて奇跡的に地震
の影響をほとんど受けず済んだ。その後、没落貴族の困窮した生活苦
につけ込んで言葉巧みに高利で金を貸し、その担保に屋敷を取り返せない
事がわかると屋敷を手に入れた。その後の昭和4年の昭和大恐慌の時も
高利貸しをして金持ちに高利貸しをして、お宝をなどをせしめ私腹を肥やした。

 戦後の闇市でも金に物を言わせて悪ガキ達を集め田舎の百姓から食物を盗んだり
、漁村で魚を買いたたいて闇市で売って大儲けをした、いわゆる闇市成金だった。
 戦後の混乱期に大きな家を構え、みんなが食うに困っているのに恵んでやる事も
せずに大きな金庫に大金をいれて相変わらず法外な利子で没落貴族に金を貸して
大儲けする世間の嫌われ者だった。

 多くの月日が流れた1951年8月11日に、孫の安田達夫が生まれた。安田
清は達夫を随分、可愛がた。しかし算数だけは、しっかりやっておかないと金勘
定で誤魔化されて損すると、うるさく言いソロバンと暗算は徹底的に教え込み、
全国珠算連盟3段の免状を取った。一橋大学の受験に失敗し、祖父のコネと
ソロバンの腕を見込まれ三井銀行に入社した。

その後、新潟で知り合った、夢子と結婚して、三井銀行でコンピュータ導入時の
功績で若い年で役員になり、激務と金ができたことで、早期退職し、レストラン
経営に、首を突っ込み、自分の子供達も巻き込んで、大活躍するというとストー
リー

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    高利貸し
    ソロバン
    闇市成金
    安田達夫
    没落貴族
    悪ガキ
    生糸
    三井銀行
    一橋大学
    屋敷
    嫌われ者
    祖父
    生糸問屋
    混乱期
    生活苦
    戦後
    ストー
    大儲け
    昭和大恐慌
    免状

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち