バトラーヌ! URBAN SHOWBIZ 忍法帳

橋口武史

テイク・ミー・トゥ・ザ・クラウド

 クラウド・コンピューティングが高度に進化し、ARが広がりを見せつつある社会。芸能界は激変を迎えた。タレントはクラウド・ビジネスを中心に再編され、プロダクション制度は崩壊した。各クラウドが群れをなし、激しく覇を競っている。そんな中、目的のために手段を選ばぬクラウドが出現した。それは暗殺集団を抱え、敵対クラウドを叩きのめして業界を支配する大クラウドにのし上がった【ヨルムンガンド】だ。その暗殺集団は、ヨルムンガンド・レンジャーと呼ばれている。
 彼らは、表向きはタレントとして華やかな姿を見せる一方、裏において暗殺を含む闇稼業を行っている。それこそ、社会にひっそりと鮮烈に生きる現代の忍たちの姿なのだ。忍者といえば、本来は名も知られぬ日陰者。だが、芸能界の忍たちは表でタレントとして脚光を浴びつつ、陰にも潜む二重生活を送っていた。
 そんな中、ピアノ線とピン札手裏剣を武器として暗殺を行うヨルムンブラックの加東ルミ江は思った。
「……もう沢山」
 ルミ江が抜け忍を決意したその瞬間から、彼女は業界のどこかに潜んでいる他の四人のヨルムンガンド・レンジャーとの対決を余儀なくされた。ルミ江を追う忍の正体は分からない。だが全てがタレントであり、九ノ一である。こうして加東ルミ江の、タレント業を営みながらの果たし合い、激闘に次ぐ激闘の日々が始まった。

カクヨムにて公開中。

目次
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち