ちょっとだけ切ないショートストーリー(1話完結)

北きつね

 ちょっとだけ切ないショートストーリー。

 夜に読んでも怖さはないと思います。少しだけ、ホラーテイストが入った小説が多くなると思います。
 現在をベースにしています。地域的なことは、職業的なこともありますので、業界が違う人にはわからないところがあると思いますが、あえて説明はしておりません。
 そういうものだと思って楽しんでいただけると嬉しいです。

注)
 1話完結(5000~10,000文字程度)になっています。
 連載にしているのは、どこかにつながりを持たせているからですが、本編には一切関係しません。

目次

ちょっとだけ切ないショートストーリー

見えない手
更新日:2018年09月12日
笑えない話
更新日:2018年09月12日
消えない絆
更新日:2018年09月12日
消された証
更新日:2018年09月12日
感じた重さ
更新日:2018年09月12日
取られる事の無いコール
更新日:2018年09月12日
嘘と裏切り
更新日:2018年09月12日
近くて遠い50cm(ハッピーエンド作)
更新日:2018年09月18日
夢で終わらない
更新日:2018年09月20日
雨の日(ホラーではありません)
更新日:2018年09月27日
写らない
更新日:2018年10月19日
あの日見た空
更新日:2018年10月22日
青い鳥を待つ人
更新日:2018年12月04日
白い天井
更新日:2019年01月02日
背中に感じたぬくもり
更新日:2019年01月04日
ツギクルくん

この小説について紹介しているページです。
どんな小説なのか、ぜひ読んでみてください。

クルミちゃん

どんな小説か…?それは読んでのお楽しみ!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち