バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

死への鼓動へ

バルンジは自分の部家に戻ると、汚いベットに腰をおろした。

横に置いてあるテーブルからワインの瓶を取ると、栓をあけてイッキに飲んだ。

「フーッ、しかし今日は最低の日だぜ、まったく、ガージスの野郎、よりによってこの家に泊まるとはな、クソ、威張り散らしやがって最高にムカつく野郎だ、とっとと出ていけってんだ・・・・・・」

バルンジはワインを飲み干すと、疲れてそのまま倒れて深い眠りについた。

バルンジは夢を見ていた。

しおり