目が覚めたら死亡フラグのある悪役令嬢に。回避する為ヒロインをバッドエンドにしたいのに、私以外にも結末を知っている人が居るみたいで邪魔されます (外部サイトで読む

ナツメグ

乙女ゲームが大好きで日々ゲームを糧に生きているオタク女子、優來はある日、学校の階段から足を踏み外してしまい、そのまま意識を手放した。

意識が戻った時、知っている声が聞こえて目を開け、視界に入った人物を見た瞬間優來は言葉を失った。

そこに居たのは優來が一番大好きな乙女ゲームに出てくる推しキャラだったから。

夢なのか、異世界転移をしてしまったのか、それとも死んで転生してしまったのか分からないままの優來。

分かっている事と言えば乙女ゲームの世界のヒロイン……ではなくヒロインをいじめる悪役令嬢になっていた事だけ。

ヒロインじゃない事も問題だけど、一番の問題は悪役令嬢には生死に関わるバッドエンドがあるという事。

「とにかく、ヒロインをバッドエンドに導いて何としても私(悪役令嬢)のバッドエンドだけは回避しなきゃ!」

そう思いながら、慎重に毎日を送っていく優來だけど、何故かヒロインを支持する人物が現れる。しかもその人物は優來がプレイしていた時には出て来ないキャラクターで、対処の仕方がまるで分からない。

常に邪魔してくるその人物を前に優來は気付く。

ちょっと待って、もしかして、この世界には私以外にもこのゲームの結末を知ってる人が……いる?


数々の困難を乗り越えた先で優來を待ち受けているのは果たして、ハッピーエンドなのか、それともバッドエンドなのか。

そして優來はどうなってしまうのか?



※表紙画像はせいじん様よりフリーイラストをお借りしております。他サイト様にも掲載中。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち