私を召喚した(無駄に美形な)イジワル魔導師に、いつのまにか溺愛されているのですが!? (外部サイトで読む

櫻井みこと

仕事帰りに部屋で寛いでいた優衣は、いつの間にか見知らぬ世界にいた。
目の前には信じられないくらい美形の魔導師がいて、彼が優衣を召喚したのだと言う。
元の世界に戻してほしいと訴える優衣に、彼は自分の目的を果たしてくれたら帰すと約束してくれた。
でもそれは、人類にとって脅威である「魔族」を誘惑して、守護者にしろという無理難題なものだった。恋愛経験もあまりないのに無理だと言ったが、聞き入れてくれない。
仕方なく努力だけはすると約束したけれど、彼はなぜか過保護になって、近付く魔族を威嚇して追い払う。
話が違うと困惑するも、次第に優衣も彼に惹かれていく。
けれど彼には、絶対に知られてはいけない秘密があった。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち