隠り世 代官所物語 桜編 (外部サイトで読む

醍醐潔

女は中学へ行けない。だから女学校へ進む。桜だって、進学したかった。夢見ることさえ許されず、家事を一人でこなす日々。必要なことなのに、誰からも感謝されず、虐げられる。怒り爆発。もう、知らん。家出だ! 家事能力を活かし、住み込み奉公。目指せ、女学生!それゆけ桜。負けるな桜。 その運命や如何に。 <全九話>

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち