猫先輩とルソーくん 第二作 (外部サイトで読む

天宮さくら

小学生の頃から同級生の成竹龍星くんの名前で絵を描いてきた僕。その関係性に疲れ切った僕は文化祭でひとつの仕掛けを施した。その仕掛けを見破った猫先輩の助言で、僕は彼との関係解消のため行動する。
そして県の美術コンクールに向けて一枚の絵を仕上げた。
猫先輩はこう言った───「まったく………君は本当に馬鹿だな!」。
芸術を巡る、高校生×ミステリー小説。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ルソーくん
    助言
    美術コンクール
    ミステリー小説
    芸術
    成竹龍星くん
    小学生
    同級
    高校生×
    猫先輩
    文化祭
    関係解消
    名前
    第二作
    関係性
    一枚

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち