婚約破棄したい婚約者が雇った別れさせ屋に、何故か本気で溺愛されていました (外部サイトで読む

蓮恭

「私、聞いてしまいました。」

__ヴィオレット・ブラシュール伯爵令嬢は、婚約者であるフェルナンド・ブルレック辺境伯令息に嫌われている。

 ヴィオレットがフェルナンドにどんなに嫌われても、たとえ妹のモニクと浮気をされたとしても、この婚姻は絶対で婚約破棄などできない。

 それでもなんとかヴィオレット側の都合による婚約破棄に持ち込みたいフェルナンドは、『別れさせ屋』に依頼をする。

 最近貴族の間で人気があるラングレー商会の若き会長は、整った顔立ちな上に紳士的で優しく、まさに『別れさせ屋』にはぴったりの人選だった。

 絶対に婚約破棄をするつもりがない令嬢と、嫌いな令嬢との婚約を破棄したい令息、そして別れさせ屋のイケメンのお話。


『アルファポリス』様、『小説家になろう』様、『カクヨム』様、『ノベプラ』様にも掲載中です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    モニク
    ヴィオレット
    令息
    アルファポリス
    フェルナンド
    フェルナンド・ブルレック辺境伯令息
    人選
    カクヨム
    ヴィオレット側
    ノベプラ
    婚姻
    令嬢
    ブラシュール伯爵令嬢
    顔立ち
    貴族
    婚約破棄
    婚約
    ラングレー商会
    浮気
    イケメン

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち