猫先輩とルソーくん (外部サイトで読む

天宮さくら

高校の文化祭。美術部に所属する僕は文化祭用に描かれた部員たちの絵を見に来るお客さんの受付係をしていた。そこに猫耳のついた帽子を被った一人の女性がやって来る。彼女は一枚の絵を熱心に見つめ、呟いた。
「まるでアンリ・ルソーみたい」
文化祭最終日。彼女は連日熱心に見ていた絵の前で憤慨する。
「違う。この絵じゃない」
いったい彼女は何に気づいたのか───高校生×ミステリー短編小説。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ルソーくん
    アンリ・ルソー
    一枚
    連日
    ミステリー短編小説
    帽子
    受付係
    高校生×
    部員たち
    猫先輩
    猫耳
    文化祭
    美術部
    高校
    彼女
    文化祭用
    文化祭最終日
    女性

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち