飴玉を舐めるような (外部サイトで読む

天宮さくら

私はきっと、兄を愛していた───。
私には歳の離れた兄がいた───幼い頃の思い出、兄との関係、そして成長。
「兄は私にとって飴玉みたいな人だったから」
中塚凪菜は兄との関係を飴玉のように感じている。とても甘くてしつこい飴玉。口の中で少しずつ溶けていつかは消えていく。それを待ち遠しく思うのと同時にずっと残しておきたい葛藤。
一人の少女が秘める恋愛中毒短編小説。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    一人
    中塚凪菜
    葛藤
    しつこい飴玉
    飴玉
    恋愛中毒短編小説
    幼い頃
    思い出
    少女
    成長
    関係

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち