ゆるキモトカゲは分相応な夢を見る ~ファンタジーな異世界は曲解と先入観に溢れたミステリー ~ 2 (外部サイトで読む

哀岬ふうか

 ラーゴは生まれてすぐ美味しい珍獣として王女のペットに献上された。直後自分は人に最も恐れられる魔族と教わる。血の流れる劣等種ながら、透視や結界などの能力を持ち、後に転生者の知恵も持つと知る。さらに滅んだ魔王の残した配下魔族から跡継ぎと間違われ、蚊の姿の吸血鬼六千に傅かれる。バレたら火炙りと正体を隠蔽、魔法使いや聖霊に頼られ、ダメ魔族揃いの親衛隊を組織し、拾ったオートマトン・ラゴンを通じて裏社会の顔役と交流して敵対組織の襲撃から救い、国際マフィアに暗殺されかけた殿下も「王国勇者」と名乗ってラゴンに守らせたが、誰も珍獣トカゲの仕業とは知らない。ついに国王は「王国勇者」と王女の男女関係を疑い、聖霊を通じて面会と協力を申し出てきた。
セレブトカゲの安定生活を維持するため、ラーゴとラゴンの旅がスタートする。
(本小説には第一部がありますが、そのあらすじは第2、3部分に含まれています)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    珍獣トカゲ
    顔役
    ラーゴ
    ラゴン
    曲解
    跡継ぎ
    親衛隊
    殿下
    透視
    国王
    先入観
    仕業
    隠蔽
    オートマトン・ラゴン
    キモトカゲ
    王女
    セレブトカゲ
    面会
    襲撃

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち