丘の上の洋館に住む魔術師の少女二人へ、監視官の青年が派遣されました。 (外部サイトで読む

天塚海人

『あの丘の上の洋館には魔法使いが住んでいる。』

そんな噂が根付くごくありふれた地方都市に降り立った青年、政府公認執行機関の監視官である彼に命じられたのは、一年間に及ぶ魔術師を営む二人の少女の監視任務だった。

道を誤れば無辜の命を脅かすに足る強大な魔術を有す少女らを、青年が危険と判断すれば即処刑を執行する。

お早うからお休みまで日常の裏で火薬と殺意を潜ませた殺し殺される歪な関係は、一年後には友人のそれへと変化させていた。

しかし平穏常ならぬ世界に身を置く彼等は、望まずとも争いを引き寄せる。

燦々と太陽がアスファルトを焦がすその夏も、静かに非日常が蠢いていた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    火薬
    洋館
    彼等
    殺意
    アスファルト
    処刑
    平穏常
    魔法使い
    監視任務
    争い
    魔術
    青年
    監視官
    政府公認執行機関
    魔術師
    太陽
    地方都市

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち