なにゆえ、お前は椅子を蹴る (外部サイトで読む

成巳 龍太郎

 教室に予鈴の音が響く少し前。
 俺が席に座っていると、トン、と椅子の底が蹴られた。
 蹴ったのは、後ろの席に座る、祥子だ。
 俺が振り返って睨むと、祥子は「何でもないわよ、別に」と言う。けれど、またしばらくすると、トン、と椅子を蹴る。

 教室の入口で、園田と水野がイチャつく。その二人に噛みつく、田中(坊主)。
 そして、椅子を蹴られてイラつく俺と、祥子が椅子を蹴る理由。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    予鈴
    祥子
    園田
    イラ
    水野
    坊主
    トン
    入口
    椅子
    田中
    お前
    教室
    少し前
    理由
    二人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち