吸血少女はハニーブラッドをご所望です (外部サイトで読む

斉川春妃

 残酷な吸血鬼伝承を信じるならば、私は恋を知ってはいけない。

 "恋は身を滅ぼす"

 それなのに、未知なる感情は、私に多大なる期待とトキメキをもたらした。

 "恋した相手の血は極上"

 世にも甘い血を吸うために、私は今日も想いを馳せる。

 運命のハニーブラッドを求めて、異性から吸血する。



《あらすじ》

生まれてから半世紀。何度も女子高生を繰り返している朝比奈 深緋(あさひな みあか)は不老長寿の女吸血鬼。

毎日24時間以内に異性から血を貰う事で、変わらない外見を維持して生きていた。

人間ではないため、"他人とは深く関わらない"をモットーにしていたが、深緋にやたらと好意的な男子、大路 白翔(おおじ はくと)が深緋の考えを根底から覆してしまう。

女吸血鬼に古くから語り継がれる伝承通りなら、恋愛は禁忌らしいが、その実を深緋は知らない。

白翔との両思いを自覚したあと。

恋した相手の血を三度飲めば、他からは永遠に吸血できなくなる事と、

相手の異性が死んでしまえば、自然と自分も後を追う事を知る。

抗えない運命を受け入れるしか無かった時。

共に暮らす祖母から"人間になる方法"がある事を知らされる。

大好きな白翔と一生を添い遂げるために、深緋は人間になる方法を探しに吸血鬼発祥の地へと赴く。


  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハニーブラッド
    大路
    トキメキ
    深緋
    朝比奈
    不老長寿
    根底
    祖母
    外見
    古く
    異性
    禁忌
    モットー
    みあか
    吸血鬼伝承
    吸血鬼発祥
    半世紀
    吸血
    伝承通り

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち