九十八個のエメラルド (外部サイトで読む

蔦永良

外面・内面共に美しい姫。
誠実な男に娘をやりたいと考えた王様は、あるお触れを出す。
お触れは「ばらまかれた百個のエメラルドを集めた者に姫をやる」という旨のものだったが、実際にはエメラルドは九十八個。
あるはずのない二個をどう処理するのか。
挑戦者の人間性を見るため、王様は嘘をついていたのである。
男たちはどのような策に出るのか、姫を娶るのは誰になるのか?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    お触れ
    外面
    エメラルド
    内面
    王様
    美しい姫
    実際
    挑戦者
    人間性
    男たち
    九十八個
    二個
    百個

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち