追放されたので魔女(♂)に弟子入りすることにしました (外部サイトで読む

青柳朔

王都で王子の婚約者へのあらゆる嫌がらせの主犯だという濡れ衣を着せられたリーフェ。
証拠不十分で投獄こそされなかったものの、国境付近にある貴人の牢獄とも言えるストラウス修道院へと連れて行かれることに。

わたし、何もしてないのに?

開き直った天然令嬢、散々「魔女」と呼ばれていたことを思い出し、それならいっそと移送中に逃げ出して魔女の家を訪ねた。

「わたしを弟子にして欲しいんです」
「…………は?」

これはのんびり屋でぽややんとした令嬢が森の魔女(ただし男)のもとで送るほのぼのスローライフ(たぶん)

「困りましたわお師匠様!わたし、街でお買い物したことありません!」
「……君ができることってあるの?」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    もと
    ストラウス修道院
    濡れ衣
    牢獄
    スローライフ
    ぽやや
    令嬢
    主犯
    嫌がらせ
    リーフェ
    証拠不十分
    弟子
    天然令嬢
    国境付近
    魔女
    王子
    移送中
    王都
    わたし

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち