稼働停止ギリギリな錬成人間 明るい身体改造計画のすすめ (外部サイトで読む

静景

 主人公シンが目覚めるとそこは水の中。なぜか身体は子供サイズに変化しているし胸には結晶体が埋め込まれていた。
 自分の記憶は不明瞭な状態だ。おまけに半壊した医療施設、ミイラ化した遺骸、研究施設の補助人格と、もう訳がわかならい。
 そして混乱する彼は驚愕の事実を知る。彼のLP値(寿命)はわずかに『3』、つまり余命三日間しかなかったのだ。
「こんなポンコツを作ったのは誰だ。責任者出てこい! 」
「責任者は不在です。五百年前に死亡していますので」
 この物語は、自分の寿命を延ばそうと悪戦苦闘する男の記録である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    遺骸
    悪戦
    ポンコツ
    わかならい
    錬成人間
    寿命
    主人公シン
    補助人格
    驚愕
    LP値
    ミイラ化
    稼働停止
    結晶体
    身体改造計画
    事実
    記憶
    物語
    余命三日間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち