魔王の使い方 ~召喚士の学園に通うことになった俺(魔王)が、なぜか人族の小娘に召喚されたのだが……。~ (外部サイトで読む

木塚 麻弥

暇を持て余した魔王が、勇者やその仲間を育成する学園に潜入した。

側近である上位悪魔の提案に乗って、自分と闘える勇者を育てることにしたのだ。

潜入した学園で、魔王はひとりの少女に目をつけた。少女の名はミウ。

彼女を育てることを決意し、ミウに肩入れするようになった魔王だったが、使い魔を召喚する授業で問題が起きた。


これは最強の魔王と、その側近。
それから──

魔王を使役する少女の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ミウ
    側近
    勇者
    最強
    上位悪魔
    召喚士
    学園
    授業
    魔王
    物語
    仲間
    少女
    提案
    人族
    彼女
    使い魔
    小娘

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち