隔世遺伝 (外部サイトで読む

ハリマオ65

池墨伸介は、父が謹厳実直な銀行員だが、どうしてもその生き方になじめなくて、投資で大きな富を得たいという気持ちが年を貸せねるほど強くなってきた。これには何かあるなと、密かに思い始めた。そんな時に、橫浜港開港の頃、曾祖父が橫浜で生糸商売で大金持ちだった。しかし事件に巻き込まれ死んだと言う噂を耳にした。そこで親戚で一番の長老を捜して東京の老人ホームへ行き、衝撃的な事実を聞いた。そして橫浜市大商学部で投資の勉強をし、元証券マンの鮫島教授の研究室に入り多くのことを学んだ。そして兜町の近くの老舗、海苔店に就職して海苔を売りながら相場をチェックする生活を始めた・・・。その後は、読んでのお楽しみ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    長老
    曾祖父
    生糸商売
    隔世遺伝
    橫浜
    橫浜港開港
    鮫島教授
    海苔
    橫浜市大商学部
    池墨伸介
    親戚
    兜町
    老舗
    相場
    海苔店
    老人ホーム
    元証券マン

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち