御伽噺のその先へ (外部サイトで読む

雪華

ほんの気まぐれと偶然だった。しかし、あるいは運命だったのかもしれない

高校1年生の紗良のクラスには、他人に全く興味を示さない男子生徒がいた。
彼は美少年と呼ぶに相応しい容姿なのだが、言い寄る女子を片っ端から冷たく突き放し、「観賞用王子」と陰で囁かれている。
その王子が紗良に告げた。
「ねえ、俺と付き合ってよ」

言葉とは裏腹に彼の表情は険しい。
王子には、誰にも言えない秘密があった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    御伽噺
    紗良
    容姿
    その先
    王子
    運命
    観賞用王子
    他人
    表情
    男子生徒
    クラス
    美少年
    興味
    女子
    言葉
    高校1年生

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

一日一話投稿予定です(最終話までストックはあります◎)
最後までお付き合い頂けたら幸いです。